ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOMECSRへの取り組み

ページの本文です。

CSRへの取り組み

三菱重工グループCSR行動指針

わたしたちは、この地球にたしかな未来を実現するために、
地球との絆
緑あふれる地球を
環境技術と環境意識で守ります。
社会との絆
積極的な社会参画と、誠実な行動により、
社会との信頼関係を築きます。
次世代への架け橋
夢を実現する技術で、
次世代を担う人の育成に貢献します。

コンプライアンス指針

Ⅰ 事業活動

当社は、安全で優れた品質の製品やサービスの提供を通じて社会に貢献するとともに、適法、適正にして良識ある企業活動を行う。
1.安全で優れた品質の製品やサービスの提供に努める。
2.公正で自由な企業間競争を行うとともに、商取引に関する法律を遵守する。
3.贈答接待、寄附行為等は法令及び社会通念に逸脱して行わない。
4.会計・税務処理を関連法令、会計基準、社内規定に従い適正に行う。
5.外国との取引にあたり、輸出入に関する法令や現地の法令を遵守する。

Ⅱ 会社と社会の関係

当社は環境保全等に努め、良き企業市民として社会と共生していく。
1.環境に関する法令を遵守し、環境保全に努める。
2.経営に関する情報を適時適切に開示する。
3.反社会的勢力に対しては毅然とした対応を行う。

Ⅲ 会社と社員の関係

会社は安全で健康的な職場環境を確保する一方、社員は公私の別を明らかにし、法令や社内規則を遵守して職務を誠実に遂行する。
1.会社は労働関係法令を遵守し、安全で健康的な職場環境の確保に努める。
2.就業規則等の社内規則を遵守する。
3.差別的取扱いや性的嫌がらせを行わない。
4.企業秘密を適切に管理し、無断で開示しない。

三菱重工グループ安全衛生方針

1.基本方針

『人命尊重』の精神に徹し、安全を何よりも優先する。

2.行動指針

(1)グループ一体となって、グループ内の連携を図り、全員参加で、安全衛生水準の維持、改善に努める。
(2)グループ各社は、安全衛生を事業運営上の最重要課題として位置付け、安全衛生管理体制を確立し、責任と役割を明確にし、安全衛生活動に取り組む。
(3)安全衛生活動は、目標を設定し、実行・評価することで、継続的な改善を図り、労働災害・職業性疾病の未然防止に努める。
(4)安全で安心な職場とするために、職場のリスクを明確にし、そのリスクの性質に応じた対策を実施することで、潜在リスクの最小化を図る。
(5)一人ひとりが、関連法規、基本ルール及びその他の要求事項の遵守を徹底し、教育の受講を通じ、安全衛生に対する意識の高揚を図る。
(6)健康はすべての基本であることを認識し、健全な身体と快適な職場づくりに全員が工夫と努力を続ける。

環境方針

1.基本方針

当社は、環境保全への取り組みを会社経営の最重要課題のひとつと位置づけ、事業活動のあらゆる面で、
環境への負荷の低減に努めるとともに、当社の技術力を結集して環境保全に繋がる技術や製品を開発・提供することにより、
持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。

2.行動指針

(1)全社をあげて、環境保全への取り組みを推進するため、『環境委員会』を設置し、環境保全に関する役割と責任を明確にする。
(2)事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、技術的・経済的に可能な範囲で、環境保全活動の継続的な改善に努めるとともに、地域社会との協調をはかる。
(3)環境関連法規、条例及び協定等を順守するとともに必要に応じて自主基準を定めて運用、評価する。
(4)環境配慮型製品の開発・製造・販売を推進し、環境への負荷低減をはかる
(5)サイト内におけるあらゆる事業活動の領域で汚染の防止に努めるとともに、次の項目を優先的に取り組み、環境への負荷の低減に努める。
 1)環境事故防止の推進
 2)省エネルギーの推進
 3)温室効果ガスの排出抑制
 4)廃棄物の発生抑制、再使用、リサイクルの推進
(6)この環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、全社員をあげて環境保全活動を推進する。
 また、環境目的・目標を定期的に見直し、必要に応じて改訂を行う。
(7)環境教育、社内広報活動等を通じて、サイト内の従事者に対し、環境方針の理解と環境に関する意識の向上を図る。
(8)海外の事業活動および製品輸出に際しては、現地の自然・社会環境に与える影響に十分配慮し、
 環境保全に努めるとともに、海外への環境保全技術協力にも積極的に取り組む。

品質への取り組み

1.品質方針

お客様の視点に立った品質システムの継続的改善を行い、お客様の満足と信頼に応える優れた製品を提供する。

「品質」それはお客様との縁を結ぶのに不可欠な要素です。
私たち社員一人一人がお客様の存在を意識しながら、さらなる品質のレベルアップに取り組んでいます。
そして「顧客重視」「品質重視」の風土づくりを徹底しながら人材を育成することで、品質向上への意欲を未来へつなげていきます。
信頼度向上・品質向上

2.設備紹介

設備紹介
検査
<検査>
3次元CNC測定器、歯車測定器等により、加工品質の維持向上を図っています。
ポータブル三次元測定器
<ポータブル三次元測定器>
製造現場に持ち運び、容易に三次元測定を行えます。
測定しながら3D CADデータと比較することで、リアルタイムに部品精度チェックを行っています。
 
FARO   Platinum Arm 12ft

国際認証

   国際認証 ClassNK ISO14001

ⅰ)ISO9001 2011年取得 ⅱ)ISO14001 2012年取得
※三菱マヒンドラ農機の関連事業所として認証取得

環境保護への取り組み

(1)美化清掃活動実施

年2回(春期・秋期)揖屋工場と意東工場周辺地域の美化活動を実施

美化清掃活動実施
年2回(春期・秋期)揖屋工場と意東工場周辺地域の美化活動を実施

(2)自家発電設備の利用

工場内に自家発電設備を設置し、需要がピークとなる夏場の電力の約30%を賄っています。

自家発電設備の利用

改善活動

1.社内改善活動

職場毎の小集団活動「mam-5c」を展開し、業務の改善・職場の改善を進めると共に5つの”C”に積極的に取り組んでいます。
Customer(お客様)
Change(変革)
Challenge(挑戦)
Competition(競争)
Communication(共有化)

社内改善活動
社内改善活動
社内改善活動

2.CS-TPM活動

三菱重工が主催するCS-TPM活動へも積極的に参画しています。

CS-TPM活動
CS-TPM活動

その他の取り組み

ユーザーの皆様、地域の皆様、学生さん等々、工場見学を実施しております。(同業他社等は御遠慮ください)

工場見学
工場見学
工場見学

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る